ドラマあらすじネタバレブログ・ドラマのまとめ

ドラマのあらすじやネタバレ、感想などのブログ

竜の道。キャスト、出演者。玉木宏さん主演

ドラマ、竜の道。

玉木宏さん主演の、復讐ドラマということです。

双子の弟を、高橋一生さんが演じます。

ということで、竜の道のキャスト、出演者、登場人物などをまとめておきます。

ドラマ。竜の道。キャスト出演者。玉木宏さん主演

竜の道

ドラマ。竜の道。主なキャスト、出演者についてなど

竜一(玉木宏)

竜一は、玉木宏さんです。

竜一は焼死に見せかけて他人の戸籍を奪い、整形で別人になり替わり、裏社会と関わりを持つということです。

名前も変えて、のし上がっていくということです。

竜二(高橋一生)

竜二は、高橋一生さんです。

竜二は名字を出生時の「矢端(やばた)」に戻し、運送会社を監督する国土交通省に入省するとのこと。

吉江美佐(松本穂香)

吉江美佐は、松本穂香さんです。

竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)が養子として引き取られた吉江家に誕生した血のつながりのない妹ということです。

そして、過去のことは知らず、竜一は死んだものと思い、竜一が整形して別人になっていることも知らない。

竜二は、美佐のことを妹以上の感情を抱くようで、美佐と竜一、竜二の関係も変わっていくようです。

霧島源平(遠藤憲一)

霧島源平は、遠藤憲一さんが演じます。

竜一と竜二の復讐相手です。

竜一と竜二の育ての両親が営む運送会社に悪質な乗っ取りを行い、両親を自殺に追い込むが、本人は覚えていないとのこと。

竜一と竜二による復讐の標的となるが、政財界や裏社会とのつながりを狡猾に利用しながら対抗するということです。

曽根村始(西郷輝彦(特別出演))

曽根村始は、西郷輝彦さんです。

政財界とつながり、裏社会で圧倒的な力を持つ巨大ヤクザ組織の会長。ただのヤクザの会長とは一線を画し、温情と非情をあわせ持つ。

霧島芙有子(斉藤由貴)

霧島芙有子は、斉藤由貴さんです。

源平の妻です。

源平と芙有子の関係性も、物語が進むにつれ、竜一と竜二の復讐計画の鍵となるとのこと。

霧島晃(細田善彦)

霧島晃は、細田善彦さんが演じます。

源平と芙有子の長男で、キリシマ急便の社員。

源平を反面教師にし、社員や家族思いの性格の晃は、強引な経営を進める源平に対して不満がある。

霧島まゆみ(松本まりか)

霧島まゆみは、松本まりかさんです。

源平の娘です。周囲に対して尊大な態度を取るワガママな女性。

竜二が復讐のためにまゆみに近づくということです。

遠山凛子(奈緒)

遠山凛子は、奈緒さんが演じます。

竜一が携わるグレーな仕事をサポートするITのプロ。

報酬さえもらえればハッキングなど違法なことでもやる。

砂川林太郎(今野浩喜)

砂川林太郎は、今野浩喜さんです。

竜一が出会う人当たりが良くお調子者ということです。

大友由伸(渡辺邦斗)

大友由伸は、渡辺邦斗さんです。

キリシマ急便で、源平の秘書を務めている。

ドラマ、竜の道について

竜の道。あらすじ

竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、生まれてまもなく小さな運送会社を営む吉江夫妻に養子として引き取られた双子の兄弟。その後、夫妻の間に生まれた妹の美佐(松本穂香)を加え、5人家族として仲良く暮らしていた。しかし、二人が15歳のとき、霧島源平(遠藤憲一)率いる運送会社の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた両親は、自殺してしまう。二人は、両親から命を、そして幼い妹の美佐から実の親を奪った霧島への復讐を誓い合う。

それから7年後、竜一は整形で別人になり替わり、裏社会と関わりを持ち始める。一方、竜二は運送会社を監督する国土交通省に入省する。竜一が生きていることは、妹の美佐も知らない二人だけの秘密。「これからは、なんでも二人だ」。コインの裏表のような、正反対の立場の双子による、波乱万丈の復讐劇が幕を開ける!

竜の道

というのが、竜の道の1話のあらすじです。

竜の道の脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:篠﨑絵里子

音楽:村松崇継

プロデュース:米田 孝(カンテレ)、水野綾子(共同テレビ)

演出:城宝秀則(共同テレビ)、岩田和行(共同テレビ)、紙谷 楓(共同テレビ)

竜の道の原作

小説「竜の道」が原作です。

原作があるので、展開などを知りたい方は、読んでみるのもありですよね。

シェア

フォロー