ドラマあらすじネタバレブログ・ドラマのまとめ

ドラマのあらすじやネタバレ、感想などのブログ

ハケンの品格2。キャスト。出演者まとめ。篠原涼子さん主演

ドラマ、ハケンの品格2。

日本テレビの2020年の春ドラマです。篠原涼子さんが主演のお仕事ドラマです。

2007年に放送された、ハケンの品格のその後ですね。

スーパーハケンの大前春子が帰ってきます。

ということで、ハケンの品格2のキャスト出演者、登場人物などをまとめておきます。

ドラマ。ハケンの品格2。キャスト。出演者。篠原涼子さん主演

ハケンの品格2

ドラマ、ハケンの品格2。主なキャスト、出演者についてなど

大前春子(篠原涼子)

主役の大前春子は、篠原涼子さんです。

人材派遣会社「ハケンライフ」の特Aランクのスーパー派遣社員が、大前春子です。
与えられたノルマはこなすが、自らの業務以外のことを手伝うこともなければ、休日出勤も残業も一切しない。

ハケンの品格2では、どんな働き方をしているのか。

里中賢介(小泉孝太郎)

里中賢介は、小泉孝太郎さんが演じます。

食品会社S&Fの営業事業部営業企画課・課長ということで、第2シリーズでは営業企画課の課長に昇進。

里中が、社員たちに刺激を与えようと“スーパーハケン”大前春子(篠原涼子)を呼んで、ハケンの品格2が始まります。

どうなる?

浅野務(勝地涼)

浅野務は、勝地涼さんです。

営業事業部 営業企画課に異動しています。

また、主任に昇進しているようです。

井手裕太郎(杉野遥亮)

井手裕太郎は、杉野遥亮さんです。

営業事業部の新入社員です。

食品会社S&Fには親戚の伝手をつかってコネで入社したということです。

福岡亜紀(吉谷彩子)

福岡亜紀は、吉谷彩子さんが演じます。

ハケンライフ中堅の派遣社員です。

過去のつらい経験から契約更新のたびに、契約を切られてしまうのではないかと怯えているとのこと。

千葉小夏(山本舞香)

千葉小夏は、山本舞香さんです。

ハケンライフの新人派遣社員ということです。

就活で、大手企業を受けるも、ことごとく不合格続きで、派遣の道を選んで、ハケンライフの派遣社員に。

三田貴士(中村海人)

三田貴士は、中村海人さんが演じます。

食品会社S&Fの営業事業部の新入社員です。

趣味はSNSと株式投資で、起業家セミナーにも通う「意識高い」系男子ということです。今どき男子ということでしょうか。

近耕作(上地雄輔)

近耕作は、上地雄輔さんです。

ハケンの品格2では、かつて自身が派遣社員として登録していた「ハケンライフ」に就職し、マネージャーになっています。

ある意味、働き方が変わったということですね。

宇野一平(塚地武雅(ドランクドラゴン))

宇野一平は、塚地武雅(ドランクドラゴン)さんが演じます。

食品会社S&Fの営業事業部・部長です。

誰にでも調子が良く、その調子の良さで部長になったという。

東海林武(大泉洋)

東海林武は、大泉洋さんです。

S&F 旭川支社 支社長補佐です。

また、大前春子とやり合うようですが。本社に戻ってくるのでしょうか。

宮部蓮三(伊東四朗)

宮部蓮三は、伊東四朗さんです。

食品会社S&Fの社長。

人当たりがよいが、実は、ハケン嫌い。スーパーハケンの大前春子とどんなやりあいとなるのか。

ドラマ。ハケンの品格2

ハケンの品格2あらすじ

一匹狼の最強ハケン社員・大前春子が、13年ぶりに帰ってくる!

新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わった。

もはや、「サラリーマンになれば一生安泰」なんてものは幻想なのだ。

日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せている。

「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」…etc

職場がカオスと化したこの令和の時代、

スーパーハケン大前春子はどんな働き方をしているのであろうか?

このドラマは、新しい時代の働く者の品格を問うドラマとなる。

ハケンの品格2

というのが、ハケンの品格2のあらすじです。

ドラマ、ハケンの品格2の脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:中園ミホ 他
演出:佐藤東弥、丸谷俊平
プロデューサー:櫨山裕子、山口雅俊、秋元孝之
チーフプロデューサー:西憲彦

原作

ハケンの品格2ということで、ハケンの品格の続編ですね。

オリジナルのドラマなので、どんな展開になるか、結末などはわかりませんね。

シェア

フォロー